プロフィール

はじめまして、千葉(ウィルソン)寛子です。

妊婦さんが「ゆったり安心した気持ちで赤ちゃんを迎えられる」
「自信を高めリラックスできる方法」をお伝えしています。

妊娠おめでとうございます!

赤ちゃんに会えるのが楽しみですね。

そんな中で、「陣痛ってどうなるの?」
「不安が大きくて」「痛みが苦手だからどうしよう…」

と思われている妊婦さん、いらっしゃるかもしれません。

また「できるなら自然に産みたい」
「安心しながら落ち着いて産みたい」

と思われる方もいらっしゃると思います。

【出産は女性の人生の中で最も素晴らしく、力を与えてくれる経験になる】
という体験をされている女性たちをご存知ですか?

それは、ヒプノバーシングという産前プログラムです。

今だから言えるのですが、第一子の出産のとき、
私は出産の流れや、お産についての知識を全く持っていませんでした。

分娩台の上で医師に何か言われても、戸惑うばかりか、
返事をすることもままならない経験は
今でも忘れられません…

無事生まれてくれて良かった反面、
モヤモヤした気持ちのまま

でもどうしたらよかったの?
と思っても答えはわからず

そんなものだと気持ちに蓋をして、
子育てがスタートしました。

ですが、その後の授乳や育児も順調とはいえず、

「育児書のアドバイスのように授乳しないと!」
「赤ちゃんが泣いているのは、私のお世話の仕方が悪いからだ!」

と、育児に自信が持てず、
子育てを楽しむことができませんでした。

それまでは、仕事もプライベートも、
頑張ればなんとかなると思っていたのに、
どんどん自己嫌悪になっていって、

赤ちゃんがいて幸せなはずなのに、
世界から取り残されたようで、
そう感じることも罪悪感でした。

その後、第二子の妊娠中ヒプノバーシングに出会い、
考え方や感じ方が変わりました。

心とカラダの仕組みを学び、得た知識にもとづいて、
お産への向き合い方を見直してみると、不安な気持ちもなくなり、
むしろ楽しみになっていったのです。

結果、この上ない喜びと達成感の中、赤ちゃんを迎えられました。

そして、習った考え方やスキルは、
その後の育児や生活にも応用できることに気がつきました。

お伝えしたいのは、少しの準備とそのプロセスのたいせつさ

その後、家族の都合で英国に住むことになり、
講師としてヒプノバーシングを学びました。

感動と喜びの出産経験に魅了される
たくさんの女性たちがいることを知りました。

反面、準備不足のために、
不安やストレスを抱えてしまう方が、
本当に多く残念なことに気づいたのです。

もちろん、お産はどれも特別で
いい、悪い というものではありません。

またヒプノバーシングは医学的介入そのものを
排除するものでもありません。

ただ、知識が増えると安心感につながり、

リラックスしながら穏やかに迎えられ、
不必要な医療介入率減少につながり、
自然なお産の流れを促すプロセスとして有効だと知りました。

女性のターニングポイントの妊娠・出産を、
もっと前向きなものにできる、そう信じています。

「持っているものを最大限発揮してもらいたい」

「笑顔の妊婦さんを増やしたい」

「家族との絆を深めるきっかけに」

という想いからこの活動を続け、
妊婦さんやパートナーの方からは、

「前向きになった」「自信がついた」
との言葉をたくさんいただいています。

女性のライフステージは変化の連続、
その中でできるだけ「納得」「信頼」「安心」して
赤ちゃんを迎えて欲しい!!

女性のもっている出産能力を「信じる」
「赤ちゃんを穏やかに迎える」ことは無理なことではなく、
誰でも身につけられます。


ヒプノバーシングの良さをお伝えしながら、
妊娠・出産・育児を楽しめる社会に貢献できるよう、
ご縁を大切に、活動し続けていきたいと思っています。

宮城県出身、英国ロンドン在住、
柴犬が大好きな、男兄弟の母。

略歴

『出産・陣痛への不安』を産前プログラムで整え
「赤ちゃんを穏やかに迎える気持ちのつくりかた」を伝える
 ヒプノバーシング・インストラクター

千葉(ウィルソン)寛子

「出産は女性の人生の中で最も素晴らしく、
力を与えてくれる経験になり得る」を理念に、
妊婦さんが安心、信頼、納得できる出産準備プログラム講座、

「ウィズ・ヒプノバーシングメソッド」を提供。

体験したママパパからは、「自信がついた」
「受講してよかった」との喜びの声が絶えない。

新卒後 地方銀行勤務、外資系人事担当者などを歴て、
二度の出産を経験。

第一子に経験した出産・育児の不安と挫折から、
アイデンティティ・クライシスに悩まされる。

その後ヒプノバーシングに出会い、
女性のターニングポイントである出産に大きく貢献することを実感。

家族の都合で英国ロンドンに移住することをきっかけに、
ヒプノバーシングのインストラクター研修を始め、ヒプノセラピー、
心理学、カウンセリングを本格的に学び始める。

市内の心理センター・医療機関等でカウンセリング支援。
独立し、10年間で1000人のセラピーをサポート。

ヒプノバーシング講師としてトレーニングを受けた講座は、
信頼性の高いロイヤルカレッジ助産師(RCM)認定プログラム。

病院で紹介されたり、助産師が自らインストラクターとして
女性のサポートにあたるほど評価が高い。

口コミや紹介で受講し喜びと感動のお産を体験する女性が続出。

自ら日本で出産した経験から、どこでも効果を再現できる
「ヒプノバーシング」は女性が「ワクワク出産が楽しみになる」
社会貢献にもなることに気づきオンラインでのプログラムを開発。

安全で効果的なヒプノバーシングプログラムを計画・実行する
知識と技術を高めながら、よく多くの女性とご家族をサポート、
自宅から快適に参加できるプログラムが国内外で人気を呼ぶ。

ヒプノバーシングを通して、女性が自分らしく安心しながら輝く
サポートをするのが生涯のライフワークとなる。

臨床ヒプノセラピスト、心理カウンセラーとしての知識と経験を生かし
講座に反映しながら、対面とオンラインで幅広く活動中。

RCM(Royal College of Midwives)認定コース
KG Hypnobirthing Trainer Course終了
英国カウンセリング心理療法(BACP)登録
CPCAB心理カウンセリングディプロマ
西ロンドン大学院臨床ヒプノセラピー修了 
NLPマスタープラクティショナー